ARCHIVESDRIVE HB

オイラはホームベーカリー!

WSL2 で利用している Ubuntu 18.04 LTS を 20..04 LTS にアップグレードする

Windows の開発環境しばらくメンテナンスしてなかったな、ということで Ubuntu をアップグレードし……どうやってやるんだ? という感じだったので。

WSL1 を使っている場合は注意が必要らしい

へぇー! という感じ、これ解決したっぽいけど、どうなのかな。 VirtualBox に用意してある Windows 検証環境が WSL1 で Ubuntu 動かしているのであとで調べておきたいお気持ち。

qiita.com

18.04 LTS を 20.04 LTS へ

アップグレードに利用する do-release-upgrade コマンド、 WindowsStore からインストールしていれば標準で入っているのありがたいですね。

sudo apt update
sudo apt upgrade
sudo do-release-upgrade -y

do-release-upgrade 中の選択肢について

基本全部 y でオッケーです。 標準出力にちょいちょい no such file or directory とか出てくるかもしれませんが、僕は問題なかったので大丈夫でしょう! ダメだったらわからん!

sshd_config どうする? というダイアログも出てくると思うのですが、「既存のファイルで置き換える」が標準選択されているはずなので、そのまま enter してくだち。 あとは流れで。

WSL2 の Linux 再起動

reboot 投げれないじゃん! と思ってたのですが、以下のようにやるとのことです。

  1. wsl --list でディストリ一覧を確認する
  2. wsl -t ディストリ名 で対象のディストリを停止する
  3. 即座に再起動するのでこれで完了

Ubuntu アップグレード直後に「再起動しろ!」と言われます。 が、何もせずもう一度 Terminal 立ち上げると「再起動して?」と標準出力で再び警告してくれます。 上記のように -t で停止からの自動再起動してやると、出力消えて cat /etc/issue にも 20.04 LTS と刻まれるのでこれでよさそうです。