ARCHIVESDRIVE HB

オイラはホームベーカリー!

postfix に NIC を複数認識させる

かなり突貫工事したログ。

複数の NIC を持ったインスタンス

NIC = IP と読み替えてもらっても結構です。 外部に疎通する NIC とバックエンドで通信する NIC を装備したインスタンスpostfix を動作させたのですが、バックエンド NIC を後から追加したので、疎通がうまく行かず四苦八苦してました。

main.cf の変更

postfix が LISTEN する IP は、デフォルトでは OS によって異なるようです。 これは inet_interface という値で指定します。

all であれば 0.0.0.0 が設定されるので問題なかったのですが、今回の postfix はユーザ認証無しで ローカル IP/24 からのみ接続できる設定でした。 また、 inet_interface が単一記述である場合、自動的に送信するためのルート ( smtp_bind_address の記述を省略できる )もその IP を利用するようです。

www.postfix-jp.info

というわけでこうする。

inet_interface = {NIC1 の IP}, {NIC2 の IP}
smtp_bind_address = {NIC1 の IP}

NIC1 は今まで利用していた IP アドレス、 NIC2 がバックエンド通信用に追加したもの。 inet_interface が複数になることで、前述の通り postfix が取るべきルートがわからなくなっているので、 smtp_bind_address を設定してあげるのを忘れないこと。

syntax check

postfix check でコンフィグの syntax check が出来るので編集後は一度通しておくと、心の平穏が保てる。

編集したコンフィグの反映タイミング

そんなもん reload restart どっちかじゃろがい、と思っていたけどそうではないらしい。

tech-mmmm.blogspot.com

へえっ、となったけど、ちょうど変更タイミングはメールサーバ利用していない状態だったので reload を実行して反映した。

LISTEN するポートが変更されない

よくよく考えれば当然なのだが、 reload でコンフィグは反映されたけども、プロセスが掴んでいる LISTEN の内容が変更されなく、追加したバックエンド通信用の NIC からのリクエストが connection refused になる始末。

telnet {NIC2 の IP} 25

など実施するも、当然つながるはずもなく。 一旦作業諦めた後に思い出して netstat -ant|grep -i LISTEN した所、 inet_interface に追加した IP が LISTEN されていないのを確認したので、諦めて /etc/init.d/postfix restart して、追加した IP が LISTEN されることを確認し作業終了。

ti-tomo-knowledge.hatenablog.com

どっと疲れてしまった。誰が作ったかもうワカラナイ状態のメールサーバ、運用中の変更なんてしたくないネ。