ARCHIVESDRIVE HB

オイラはホームベーカリー!

mscOS 上の VirtualBox に Windows 作業環境を作成する

商用環境が Cisco 機器にリプレースされたので VPN クライアントも macOS 版あるじゃろ、とクライアント配布してくれ連絡したら、インフラ管理のベンダから「Windows 以外わかんないからやだ!」と想像を絶する返事が帰ってきて、新年早々から絶句しています。

Windows8.1 で環境作っちゃったけど、 Windows10pro のライセンス買ってくれって連絡しないとだめだなこれ。

VirtualBox をインストールする

基本的に以下のページから最新版を取得してくれば問題ないです。 platform packages から利用しているホスト OS に適合するものを取得してください。

一点注意で、インストール終了後に Oracle VM VirtualBox Extension Pack をインストールする必要があります。 合わせてダウンロードしておいてください。

www.virtualbox.org

既に Vagrant などで利用中で、メジャーバージョン動かしたくない人は、以下から過去バージョンのページに飛べます。 ExtensionPack も掲出されているので、こちらから合致するメジャーバージョンの ExtensionPack を取得して下さい。

www.virtualbox.org

Windows 作業環境を用意する

modernIE 的なやつを利用します。 GuestAddon がインストールできなかったり、クリップボード共有が使えなかったりキレそうになりましたが、以下のサイトの手順通りにやればきれいに設定できました。

it.blog.cafe268.com

ディスプレイ設定について

どうしても RDP や VMware よりは「うーんもたつく……」となります、しゃーない。 ビデオメモリとかどれくらい割り当てればいいの?! となりがちですが、以下のサイトで解説されていて、デフォルトで大体オッケー! ですね。 とはいえ最近発売した PC なら、 64MB とか 128MB くらい持ってあげるとよいでしょう。

vboxmania.net

僕は 128MB 設定にして、 1600x1200 で利用しています。

グラフィックコントローラとかアクセラレーションについて

VBoxSVGA を選択して、 3D と 2D のアクセラレーションを有効にしておきましょう。 多少描画がマシになります。