AR ホームベーカリー

オイラのアウトプット用ホームベーカリー!

RDS

RDS の Blue/Green Deploy を今更やった

RDS

来月から AWS RDS で MySQL 5.7.x を使っていると拡張サポートで金が取られる、という話なのでバージョンアップしぐさなどをしている。 直接メジャーバージョンアップしてもいいかなあ、と思っていたのだけど、せっかくなので Blue/Green Deploy でロールバ…

Aurora のストレージは意外と手厚いらしい

ishiiiiii.hatenablog.com 知らなかったー、 RDS のストレージ部分ぜんぶおなじ実装かとばかり。 コスト優先で Aurora に移行する、いやアーキテクチャが MySQL 互換でも異なるからやらない、みたいなのがプロジェクト内外から圧力あったりして揺れているの…

RDS で mysqldump すると FLUSH TABLES WITH READ LOCK

単体で動作させている RDS だと、以前書いたような以下のようなお作法で一貫性のある SQL ダンプが取得できる。 donbulinux.hatenablog.jp これをこのままマルチ AZ な RDS 環境で実行すると以下のエラーになる。 mysqldump: Couldn't execute 'FLUSH TABLES…

RDS で MySQL 5.7.3x を動かしている環境で日本語入力ができない

タイトルのとおり。 RDS で MySQL 5.7.3x 系エンジンの環境で、年次更新みたいな処理でデータベースメンテナンスをしていたのだけど、 mysql コマンドで RDS に接続時 SELECT や UPDATE 発行時に日本語入力しても消える (コピペしても消える) 状態だった。 m…

RDS で LOAD DATA LOCAL INFILE を実行する

いつも忘れて調べるんだけど、正解がシュッと出てこないのでインターネットの敗北。 我の勝利〜。 --local-infile=1 を利用する デフォルトで用意されるパラメータグループか、それに準拠するパラメータを利用していれば、 --local-infile=1 を付けて mysql コ…

おじいさんに選ばれたのは大きなトランザクションでした

RDS で LOAD DATA LOCAL INFILE って素直に使えるんだっけ? と思って調べていたら以下のような記述を見つけてしまった。 バイナリログ作成を有効にすると、トランザクションが大きい場合、IOPS とディスク消費量が 3 倍になります。これは、ディスクに書き…

RDS の T3/T2 Unlimited

RDS

突然 RDS で動いてる MySQL のメンテナンスやることになったけど、インスタンスタイプが db.t2.micro だったのだ! という顔シリーズ。 RDS の T3/T2 Unlimited って存在するの? 存在します。 しかし EC2 とはだいぶ趣が違います。 Amazon RDS、Amazon Auro…

マイナーバージョン自動アップグレードの「設定変更」

全環境の RDS インスタンスで運用している MySQL に マイナーバージョン自動アップグレード を入れていた気がして、確認した記録です。 (ちなみにこれを書いている現在、発熱で38度を超えており、本番が突如落ちる謎の悪夢を見て起きたゆえです……ううっ) R…

RDS の必要最低限なパラメータグループ ( MySQL 8 世代 ) 設定

MySQL 5.6/5.7 世代で絵文字とかハハパパあたりに苦しめられた人多い問題。 UTF8MB4 を利用する innodb_file_format innodb_large_prefix は ON Barracuda が取り込まれたので、項目が存在しなくなった フレームワークなどからのアクセスで時刻補正されると…

RDS の必要最低限なパラメータグループ ( MySQL 5.6/5.7 世代 ) 設定

いーっつも忘れて過去の手順書を確認するので、ここに記載する! 新しいパラメータグループ作った後に最低限設定するのは以下。 UTF8MB4 を利用する InnoDB のカラム幅を 3072 だか 3074 いっぱいまで拡張する フレームワークなどからのアクセスで時刻補正さ…

RDS でパブリックアクセスを許可する

RDS を利用していて、グローバルから通信させなければ行けない事案が出てきてクッソー!となりながら、セキュリティグループと grant で指定の IP を利用できるように設定した。 が、通信できない。 (Can’t connect to MySQL server となる) なんでかなー…