ARCHIVESDRIVE HB

オイラはホームベーカリー!

Logwatch にめっちゃ「network unreachable resolving」が出る

他所から頼まれたサーバの保守するときに、まず Logwatch が何故か root ユーザのローカルメールボックスに向いてるので、保守用のアドレスに向ける事、たまにありますよね。 (本当はちゃんと運用されていて欲しい……)

Unmatched Entries

で、送付されてきた Logwatch をみたら、Named で大量の「Unmatched Entries」。 よくみたら IPv6 アドレスが解決出来てないようですね。

    network unreachable resolving 'a1.verisigndns.com/A/IN': 2001:500:2::c#53: 1 Time(s)
    network unreachable resolving 'a1.verisigndns.com/A/IN': 2001:500:2d::d#53: 1 Time(s)
    network unreachable resolving 'a1.verisigndns.com/A/IN': 2001:500:84::b#53: 1 Time(s)
    network unreachable resolving 'a1.verisigndns.com/A/IN': 2001:500:9f::42#53: 1 Time(s)
    network unreachable resolving 'a1.verisigndns.com/A/IN': 2001:500:a8::e#53: 1 Time(s)
    network unreachable resolving 'a1.verisigndns.com/A/IN': 2001:7fe::53#53: 1 Time(s)

このようなログが……。という訳で、今回は IPv6 を利用する環境でもないので、named に IPv4 だけ使うようにコンフィグを変更します。

named を修正する

[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/named
[root@localhost ~]# /etc/init.d/named configtest
[root@localhost ~]# /etc/init.d/named restart

/etc/sysconfig/named

OPTIONS が書かれていない環境なら、ファイル最下部に追加してあげてください。

OPTIONS="-4"

これで解決したのか

経過観察中ですがおそらく大丈夫でしょう。 ちなみに、man にも以下のように書いてあります。

Options

-4

Use IPv4 only even if the host machine is capable of IPv6. -4 and -6 are mutually exclusive. 

linux.die.net

参考

shogogg.hatenablog.jp