読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ARCHIVESDRIVE HB

オイラはホームベーカリー!

SWAP を設定する

ロケ地:AWS@m3.medium以上

永続ストレージがついてくる!オトク!

m3.medium 以上のインスタンスを利用すると、永続化された領域(エフェメラルストレージ)が本当に少々ですが、ついてきます。 もちろん、インスタンス作成時にストレージの設定で「EBS」以外を選んで設定していれば、ですが。 今回は、その永続化された領域をすべて swap に割り当てます。

lsblk で確認

lsblk を実行して、マウントされているデバイスを確認します。

[root@ip-114-5-11-4 ~]# lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  30G  0 disk
└─xvda1 202:1    0  30G  0 part /
xvdb    202:16   0   4G  0 disk /mnt

SIZE が 4G の xvdb が今回の対象です。

アンマウントする

/mnt が設定されていますが、とりあえず不要なのでアンマウントします。

[root@ip-114-5-11-4 ~]# umount /mnt

swap 領域を作成する

swap 領域を作成します。この時指定するのは、lsblkで確認したデバイスです。

※2016/12/27修正:mkswap と記述する所を swapon にしていましたすんませへぇん!

[root@ip-114-5-11-4 ~]# mkswap /dev/xvdb
mkswap: /dev/xvdb: warning: wiping old ext3 signature.
Setting up swapspace version 1, size = 4188668 KiB
no label, UUID=1145141-9198-9381-0000-000000000000

swap を設定する

作成した swap 領域を設定します。これで swap を利用できるようになります。

[root@ip-114-5-11-4 ~]# swapon /dev/xvdb
[root@ip-114-5-11-4 ~]# free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:           3602         807        2577          16         217        2645
Swap:          4090           0        4090

ハイオッケー!

reboot しても大丈夫なようにする

今の状態だと無対策なので、reboot されると swap の設定が剥がれて利用できなくなってしまいます。 fstab に設定を書いて、rebootされても大丈夫なようにします。

[root@ip-114-5-11-4 ~]# vi /etc/fstab
#/dev/xvdb   /mnt    auto    defaults,nofail,comment=cloudconfig 0   2
/dev/xvdb   swap    swap    defaults    0   0

ハイこれでオッケー!