ARCHIVESDRIVE HB

オイラはホームベーカリー!

AMI Linux の時間を調節する

CentOS7 ばかり触ってて、AMI Linux の設定方法を書いてなかったので。多分 CentOS6 も同じ。

localtime を設定する

[ec2-user@localhost ~]$ sudo su - root
[root@localhost ~]# mv /etc/localtime /etc/localtime.org
[root@localhost ~]# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

これを実行すると、即座に設定が反映されて JST になるはず。

[root@localhost ~]# date
Mon Nov 21 16:06:23 JST 2016

clock の変更

パッケージ(glic)などのアップデートで上記の設定が飛ぶことがあるらしい……? この clock も設定しておけばオッケーらしい。

[root@localhost ~]# vi /etc/sysconfig/clock
#ZONE="UTC"
#UTC=true
ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false

こっちはリブートしないと反映されない系のはず。

SWAP を設定する

ロケ地:AWS@m3.medium以上

永続ストレージがついてくる!オトク!

m3.medium 以上のインスタンスを利用すると、永続化された領域(エフェメラルストレージ)が本当に少々ですが、ついてきます。 もちろん、インスタンス作成時にストレージの設定で「EBS」以外を選んで設定していれば、ですが。 今回は、その永続化された領域をすべて swap に割り当てます。

lsblk で確認

lsblk を実行して、マウントされているデバイスを確認します。

[root@ip-114-5-11-4 ~]# lsblk
NAME    MAJ:MIN RM SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
xvda    202:0    0  30G  0 disk
└─xvda1 202:1    0  30G  0 part /
xvdb    202:16   0   4G  0 disk /mnt

SIZE が 4G の xvdb が今回の対象です。

アンマウントする

/mnt が設定されていますが、とりあえず不要なのでアンマウントします。

[root@ip-114-5-11-4 ~]# umount /mnt

swap 領域を作成する

swap 領域を作成します。この時指定するのは、lsblkで確認したデバイスです。

※2016/12/27修正:mkswap と記述する所を swapon にしていましたすんませへぇん!

[root@ip-114-5-11-4 ~]# mkswap /dev/xvdb
mkswap: /dev/xvdb: warning: wiping old ext3 signature.
Setting up swapspace version 1, size = 4188668 KiB
no label, UUID=1145141-9198-9381-0000-000000000000

swap を設定する

作成した swap 領域を設定します。これで swap を利用できるようになります。

[root@ip-114-5-11-4 ~]# swapon /dev/xvdb
[root@ip-114-5-11-4 ~]# free -m
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:           3602         807        2577          16         217        2645
Swap:          4090           0        4090

ハイオッケー!

reboot しても大丈夫なようにする

今の状態だと無対策なので、reboot されると swap の設定が剥がれて利用できなくなってしまいます。 fstab に設定を書いて、rebootされても大丈夫なようにします。

[root@ip-114-5-11-4 ~]# vi /etc/fstab
#/dev/xvdb   /mnt    auto    defaults,nofail,comment=cloudconfig 0   2
/dev/xvdb   swap    swap    defaults    0   0

ハイこれでオッケー!

CentOS7 でタイムゾーンを設定する

ロケ地:AWS@t2.micro

弁明

いつも筐体用意してインストール時にロケール指定しとったから意外と気付かなかったんや!ワイが AWS noob なだけや!

こうする

[root@localhost ~]# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

参考:

第2章 日付と時刻の設定

追記

CentOS7 から ntpd の代わりに chrony といヤツが用意されました。 minimal だとインストールされないはずなので、利用する場合は以下の手順で。 同期先のサーバは標準だと「centos.pool.ntp.org」です。

[root@localhost ~]# yum install chrony
[root@localhost ~]# systemctl restart systemd-timedated

MySQL のロケールを JST にする

AWS 上で RDS 使ってて「UTC やんけ JST にしたろ!」みたいな記事は見るけど、生の MySQL ってそういえばどうなん?ってなったので、インストールから一式試してみました。

ロケ地:EC2@t2.micro MySQL 5.7.16

準備

[root@ip-172-31-25-109 ~]# yum update
[root@ip-172-31-25-109 ~]# yum localinstall http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-9.noarch.rpm 
[root@ip-172-31-25-109 ~]# yum install mysql-community-server その他client等必要そうなものをインストールする
[root@ip-172-31-25-109 ~]# mysql_secure_installation
#=> 設定を行う

MySQL

インストールののち、起動直後

作業したのが 21 時頃だったので、-9:00 の UTC で時間は合ってる。

mysql> select now();
+---------------------+
| now()               |
+---------------------+
| 2016-11-15 12:20:44 |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> show variables like '%time_zone%';
+------------------+--------+
| Variable_name    | Value  |
+------------------+--------+
| system_time_zone | UTC    |
| time_zone        | SYSTEM |
+------------------+--------+
2 rows in set (0.00 sec)

現在の接続で利用してるセッションだけ、JST っぽい値にしてみる。

mysql> SET @@SESSION.time_zone = "Asia/Tokyo";
ERROR 1298 (HY000): Unknown or incorrect time zone: 'Asia/Tokyo'
mysql> SET @@SESSION.time_zone = "JST";
ERROR 1298 (HY000): Unknown or incorrect time zone: 'JST'

mysql> select * from mysql.time_zone;
Empty set (0.00 sec)

だめー、各種タイムゾーンの情報もインポートされてない状態。 ここで一度 MySQL を抜ける。

Linuxタイムゾーンを変更してみる

ここで MySQL を動作させている Linux 自体の時間とロケールを確認する。

[root@ip-172-31-25-109 ~]# timedatectl status
      Local time: Tue 2016-11-15 12:21:39 UTC
  Universal time: Tue 2016-11-15 12:21:39 UTC
        RTC time: Tue 2016-11-15 12:21:39
       Time zone: UTC (UTC, +0000)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a
[root@ip-172-31-25-109 ~]# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
[root@ip-172-31-25-109 ~]# timedatectl status
      Local time: Tue 2016-11-15 21:21:49 JST
  Universal time: Tue 2016-11-15 12:21:49 UTC
        RTC time: Tue 2016-11-15 12:21:48
       Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
     NTP enabled: yes
NTP synchronized: yes
 RTC in local TZ: no
      DST active: n/a

UTC から JST(Asia/Tokyo)へ変更できた。

再度試してみる

再び MySQL にログインする。

mysql> select now();
+---------------------+
| now()               |
+---------------------+
| 2016-11-15 12:22:59 |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> show variables like '%time_zone%';
+------------------+--------+
| Variable_name    | Value  |
+------------------+--------+
| system_time_zone | UTC    |
| time_zone        | SYSTEM |
+------------------+--------+
2 rows in set (0.00 sec)

UTC のまま。

mysqld再起動する

ここで mysqld を再起動する。

[root@ip-172-31-25-109 ~]# systemctl restart mysqld

mysql> show variables like '%time_zone%';
+------------------+--------+
| Variable_name    | Value  |
+------------------+--------+
| system_time_zone | JST    |
| time_zone        | SYSTEM |
+------------------+--------+
2 rows in set (0.00 sec)

おっ。

mysql> select now();
+---------------------+
| now()               |
+---------------------+
| 2016-11-15 21:39:48 |
+---------------------+
1 row in set (0.00 sec)

わあい。

という訳で、timedatectl set-timezone したあとに、プロセスの再起動をすればシステムのロケールと同期を取ってくれるようです。 特に my.cnf に設定を追記することもないでしょう。

mysql> select * from mysql.time_zone;
Empty set (0.00 sec)

インポートしなくてもシステムのタイムゾーンに合わせるなら、mysql.time_zone は空でも良いのですかね。 (過去の記事なんかを見てると、変更したい時はインポートしよう!というものをいくつか見ました。)

ちなみに

このあと、以下のようにすると怒られるので、やっぱ mysql.time_zone にインポートしないとシステム外のタイムゾーンは設定できないようですね。

mysql> SET @@SESSION.time_zone = "UTC";
ERROR 1298 (HY000): Unknown or incorrect time zone: 'UTC'

あとログファイルに出力される時刻が違うとかだとこういうのがあるらしい。

yoku0825.blogspot.jp

気をつけるべき点が一杯ありますねえ。

Vagrant up で予期せぬ box が起動に使われる

再現性は不明。

ロケ地:自分のMacbookPro@OSX El Capitan

vagrant up すると知らない環境が立ち上がる

vagrant up したら、前日まで利用していた環境が起動しない。 起動時のログを確認した所、vagrant box add したときに指定した box から、新しい VM 環境を作成している模様。

User-MacBook-Pro:rvm_vagrant user$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Importing base box 'rvm_vagrant'...

なんか Importing とか出てるんですけお! ちなみにこの様になるまえは、起動するとこのようなログが出ていた。

User-MacBook-Pro:rvm_vagrant user$ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Clearing any previously set forwarded ports...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...

明らかにおかしい。

調べたら同様の症状の人は居た

elm-arata.hatenablog.com

ははぁん、なるほど。

VM の UUID を調べる

User-MacBook-Pro: $ VBoxManage list vms
"rvm_vagrant_default_1145141919893_46157" {0a5f536c-1fd5-40d5-8f7f-8c62749a9e11} <=こっちを使いたい
"centos6_mysql55_default_1145141919810_91735" {215b5e22-dffa-468f-bfee-83865f23d1c5}

UUID を修正する

本来利用したい「rvm_vagrant_default_1145141919893_46157」の UUID とは別の UUID が書き込まれているのを確認したので、書き換えてみる。

User-MacBook-Pro:vi /PATH/TO/.vagrant/machines/default/virtualbox/id
#=> 0a5f536c-1fd5-40d5-8f7f-8c62749a9e11 に書き換える

起動してみる

User-MacBook-Pro: $ vagrnt up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Clearing any previously set forwarded ports...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
...

おっやったz

default: Warning: Authentication failure. Retrying...

デデドン!

default: Warning: Authentication failure. Retrying...

とりあえず vagrant の UUID はちゃんとつけ変わったようなので、このエラーの対処をする。

qiita.com

鍵が異なっているらしい。 VM と紐付けが変わった時になんかあったのかもしれん。原因は不明。 とりあえず鍵を作成しなおす。

User-MacBook-Pro: $ cd /PATH/TO/VAGRANTFILE
User-MacBook-Pro: $ vagrant ssh-config
...
  IdentityFile /Users/hoge/key
...

IdentityFile に記載された鍵を使って ssh-keygen する。

User-MacBook-Pro: $ ssh-keygen -yf /Users/hoge/private_key > ./publickey

これをどうにかして、先程 UUID を書き換えた対象の VM へ持っていき、authorized_keys に書き込む。

今回は、VirtualBoxGUI から起動して、CLI を起動した所、ホストの Macbookpro の IP が見えたので、 MacOSX 側の SSH を許可して、SCP で取得させたのち、authorized_keys にリネームした。 (クリップボード共有が動かなかったのでこのような手段をとったが、クリップボード共有できている場合はコピペすればいい。)

編集終わったら、一応 sudo halt とかして一度 VM を止めておくといい。

※なんかこいう事もあるらしい

qiita.com

vagrant up

ここまでやったので、改めて vagrant up する。

User-MacBook-Pro: $ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Clearing any previously set forwarded ports...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
...
==> default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `--provision`
==> default: flag to force provisioning. Provisioners marked to run always will still run.

やったーなおった! このあと、vagrant ssh も無事疎通を確認できた。

わかったこと

カジュアルに紐付けが壊れるらしいので、壊れたらカジュアルに修正すること。 実は今回この現象に初めて遭遇したけど「本番デプロイするかー」とおもって vagrant up したら遭遇したので、めっちゃびっくりした。

too long unix socket path

ロケ地:AWS EC2 CentOS7.2@m3.medium

passenger-status が使えない

passenger-status を呼ぶと以下のように怒られる。

ERROR: Phusion Passenger doesn't seem to be running. If you are sure that it is running, then the causes of this problem could be:

1. You customized the instance registry directory using Apache's PassengerInstanceRegistryDir option, Nginx's passenger_instance_registry_dir option, or Phusion Passenger Standalone's --instance-registry-dir command line argument. If so, please set the environment variable PASSENGER_INSTANCE_REGISTRY_DIR to that directory and run passenger-status again.
2. The instance directory has been removed by an operating system background service. Please set a different instance registry directory using Apache's PassengerInstanceRegistryDir option, Nginx's passenger_instance_registry_dir option, or Phusion Passenger Standalone's --instance-registry-dir command line argument.

なんか前にも調べた気がするけど以下の通りらしい。

www.pistolfly.com

[root@ip-11-4-51-4 ~]# ls -la /tmp/
..
drwx------   3 root   root      16 Nov  7 14:40 systemd-private-aaaabbbbccccddddeeeeffffgggghhhh-httpd.service-5v2rlt
..

ありました。めんどくさいので今回はコマンドに「PASSENGER_INSTANCE_REGISTRY_DIR」を指定しましょう!

[root@ip-11-4-51-4 ~]# PASSENGER_INSTANCE_REGISTRY_DIR=/tmp/systemd-private-aaaabbbbccccddddeeeeffffgggghhhh-httpd.service-5v2rlt/tmp/ passenger-status
Version : 5.0.30
Date    : 2016-11-07 20:06:10 +0900
Instance: 114514 (Apache/2.4.6 (CentOS) OpenSSL/1.0.1e-fips PHP/5.5.34 Phusion_Passenger/5.0.30)

/usr/local/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/passenger-5.0.30/src/ruby_supportlib/phusion_passenger/admin_tools/instance.rb:94:in `initialize': too long unix socket path (115bytes given but 108bytes max) (ArgumentError)
    from /usr/local/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/passenger-5.0.30/src/ruby_supportlib/phusion_passenger/admin_tools/instance.rb:94:in `new'
    from /usr/local/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/passenger-5.0.30/src/ruby_supportlib/phusion_passenger/admin_tools/instance.rb:94:in `http_request'
    from /usr/local/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/passenger-5.0.30/bin/passenger-status:113:in `show_status'
    from /usr/local/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/passenger-5.0.30/bin/passenger-status:61:in `command_show_status'
    from /usr/local/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/passenger-5.0.30/bin/passenger-status:332:in `start'
    from /usr/local/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/passenger-5.0.30/bin/passenger-status:335:in `<top (required)>'
    from /usr/local/bin/passenger-status:23:in `load'
    from /usr/local/bin/passenger-status:23:in `<main>'

too long unix socket path

という訳でタイトルになります。「PASSENGER_INSTANCE_REGISTRY_DIR」で指定されているディレクトリ名が流すぎるのが原因のようです。 試しにシンボリックリンクを設定してみましょう!

シンボリックリンクを作成する

[root@ip-11-4-51-4 ~]# cd /tmp/
[root@ip-11-4-51-4 ~]# ln -s /tmp/systemd-private-aaaabbbbccccddddeeeeffffgggghhhh-httpd.service-5v2rlt/tmp/ test_path

passenger-status を再度実行してみる

[root@ip-11-4-51-4 ~]# PASSENGER_INSTANCE_REGISTRY_DIR=/tmp/test_path/ passenger-status
Version : 5.0.30
Date    : 2016-11-07 20:06:10 +0900
Instance: 114514 (Apache/2.4.6 (CentOS) OpenSSL/1.0.1e-fips PHP/5.5.34 Phusion_Passenger/5.0.30)

----------- General information -----------
Max pool size : 6
App groups    : 1
Processes     : 1
Requests in top-level queue : 0

----------- Application groups -----------
/var/www/test_app (production):
  App root: /var/www/test_app
  Requests in queue: 0
  * PID: 21062   Sessions: 0       Processed: 7       Uptime: 33m 31s
    CPU: 0%      Memory  : 68M     Last used: 3m 1s ago

出ましたね! これで、「PASSENGER_INSTANCE_REGISTRY_DIR=/tmp/test_path/」を指定していれば、passenger-config restart-app なども実行できます。

Go のインストール

Go なのか Golang なんかどっちなんね。

ロケ地:EC2 t2.micro ( CentOS7 )

インストール

ダウンロード

# cd /usr/local/src
# wget https://storage.googleapis.com/golang/go1.7.3.linux-amd64.tar.gz

展開

# tar -xzvf go1.7.3.linux-amd64.tar.gz
# mv ./go/ /usr/local/bin/

環境変数の登録

# mkdir ~/.go/
# vi ~/.bash_profile

環境に併せて書き換えてください。 今回 $GOPATH ( go get とかするとインストールされる先)は ~/.go/ としています。

GOPATH=$HOME/.go
GOROOT=/usr/local/bin/go
PATH=$PATH:$HOME/bin:$GOPATH/bin:$GOROOT/bin

export GOPATH
export GOROOT
export PAATH

環境変数の反映

# source
# go version
go version go1.7.3 linux/amd64

ちゃーんと go version〜〜 が出力されたらオッケーです! warning も出てないので、go get も使えるはずです!

gox インストール

せっかくなので、gox をインストールしてみます。

インストール

# go get github.com/mitchellh/gox
# which gox
/root/.go/bin/gox

わぁぃ。